ロード中...

BY-50の成分と働き 光触媒との違い

成分

珪素、燐、アルミニューム、チタン、ナトリウムイオンの水溶液および防かび剤

働き

BY-50を噴霧した場所には多孔質のコーティング膜が形成されます。そのコーティング膜にバクテリアやウイルスが接触することにより、バクテリアやウイルスの持つ化学物質を分解し消臭効果や抗菌効果を発揮します。 またBY-50に含まれる防かび剤がコーティング膜にトラップされているため、真菌やバクテリアを除去する効果がさらに得られます。

BY-50

光触媒との違い

消臭や抗菌効果をうたい市場に多く出回っている光触媒の仕組みでは紫外線が必須条件ですが、BY-50では紫外線は必要ありません。 通常ウイルスは紫外線が当たっただけで死滅するので、光触媒の仕組みは抗ウイルスには必要はありません。

また光触媒のTiO2の粒子は多孔質ではないため、形成されるコーティング面の表面積はBY-50のコーティング面に比べると30分の1の大きさしかありません。

つまり同じコーティング面でのバクテリアやウイルスの処理量が大きく違っているといえます。

BY-50の特性

アルコールでの除菌では即効性はありますが、アルコールが一瞬で蒸発するため手で触れるたびに使用が必要です。 しかしBY-50は1度塗布して乾燥するとアルコールのように蒸発せず、そのコーティング面に接触したウイルスなどは継続除去されます。

BY-50のコーティング膜は水に濡れても落ちません。

※油性の汚れが付くとコーティング膜に影響を与えますので、通常の清掃は必要ですが、コーティング面の超親水性により汚れ落ちが良くなりますのでお掃除もしやすくなります。